決算早期化支援

単体決算と連結決算の決算早期化を支援

激変する経営環境においてステークホルダーからの適時開示要請は年々高まっており、金融商品取引法の下でも2008年4月から全ての上場企業は四半期決算日後45日以内での「四半期報告書」の提出が義務付けられました。さらに内部統制の導入により、効率的な決算プロセスの構築が急務となってきています。
我々プログレス・パートナーズは、単体決算から連結決算に至る一連のプロセスにおいて業務・システムの両面からのアプローチにより、貴社の決算早期化の実現を支援いたします。


本ページに関するご相談、ご依頼はこちらからお問い合わせください。